moto_main

Brands

源(もと)

デリシャスリンクス誕生のきっかけであり、初めて運営を手がけたお店「串平」。もとは株式会社リアルテイスト社のフランチャイズ店舗であった串揚げ業態を引き継ぐ形で、ワインという新しい強みを加え、リニューアル。その意外性もあいまって、また近隣のビジネスパーソンを中心に支持を獲得、3倍以上の売上を成し遂げました。

あれから年経った2016年11月。「串揚げとワイン」という組み合わせはそのままに、内装を一新。店名も「源(もと)」と改名し、よりアッパー層へと向けた業態へと再リニューアルを試みました。

店名に込めたのは、カラダをめぐる大事な源(みなもと)となる食材にこだわるという意味。そしてここが我々のルーツであるという意味も、裏にこっそりしたためました。

今回のポイントは、客単価をこれまでより高い5,500~6,500円に設定。ワイン需要を強化しながらも、全体の世界観は「和」に寄った、大人がゆったり気軽に楽しむワイン酒場としてのイメージを打ち出すことでした。例えるならば、ワインと食のペアリングを知り尽くした研究熱心な外国人シェフが、日本食のお店を作るとどうなるか。そんなストーリー共有のもと、内装からメニュー開発まで、慎重に、丁寧に吟味していきました。

ワインは「サッカパウ」のシェフソムリエである梁氏も加わり、自然派を中心としたラインナップをより研ぎ澄ませました。メインの串揚げは食材のクオリティを上げ、竹炭を練り込んだ黒いパン粉を使うなど、新たな試みも実施。また串揚げが目的ではないお客様も取り込むことを想定し、前菜、主菜、野菜、酒肴などのサイドメニューを拡充。和と洋を巧妙にミックス、味わいや盛り付けも変化と工夫を凝らし、より“ワインを匂わせる”メニュー構成に。また前菜から締め、デザートまでの流れを作り、コース使いできるなど、楽しみ方の幅を広くしました。

こうして生まれた「源moto」のビジネスモデルとしては今後、ワイン+○○といった、新しい組み合わせを提案する業態として、展開していくことも視野に入れています。

moto_ph_01moto_ph_02 moto_ph_03 moto_ph_04

moto_ph_05moto_ph_07 moto_ph_08moto_ph_06moto_ph_09

INFORMATION

源 / MOTO

東京都豊島区南池袋2-11-5 三栖ビル1F
googlemap
TEL:03-5957-5005
http://izakaya-moto.jp

→ 食べログで見る

Contact Us

Name
Email
Title
Message