naturalista_main

report

ナチュラリスタ

Naturalista

 

希少な自然派ワインを飲み比べできる、立食スタイルのイベント。

「ナチュラリスタ」をひとことで説明すると、さしずめこうなるだろう。しかし本当は。イベントを主宰する「サッカパウ」のシェフソムリエ梁さんにとって、それだけじゃ、まったく、ちっとも伝えきれない。(だからここに書くことにした)。

ワインの輸入業者、いわゆるインポーターと呼ばれる人たちとの付き合いが深くなると、希少なワインが手に入ることがある。1店舗につき割り当てられるのは2~3本。1本のみ、という場合も珍しくない。今度は店側の、これを誰に紹介すべきか、という葛藤が生まれる。1組のお客様にボトル売りすると、味わえるのは多くて4名ほど。生産者が汗水たらして作ったワイン、せっかくならばもっと多くの人に伝えられないだろうか、と。

そして梁さんは勉強も兼ね、10ほどのインポーターが主宰するナチュラルワインのイベントに参加することにした。広い会場に用意された、ものすごい数のナチュラルワインを自由に試飲できるのは素晴らしく、実際に楽しむことができた。しかし同時に感じたのは、ここにあるワインは多くのインポーターの様々な「思惑」や「事情」もあいまり、決してクオリティや全体のバランスを鑑みて、ワインをセレクトをしているわけではないということ。

そしてそれが実現できるのは、ひとりのソムリエがいる、ひとつのお店しかないということも。

このような経緯からたどり着いた「ナチュラリスタ」のルールはこうだ。

まず基本的に参加者の数だけ、自然派ワインを用意する。45人なら45本。会費はひとり8000円。セレクトは、ひとりのソムリエが全面的に担当する。プロのフィルターを通し、責任を持って厳選したワインのみラインナップする。

さらにこれを、ソムリエが説明しながら注ぎ回るのではなく、参加者が自由に試せるセルフサービスとする。説明は尋ねられればするものの、こちらから売り込むことはしない。その代わり、基礎情報や簡単な感想を、ボトルに直接メモ書きする。その心は「うんちくを聞いてからだと、頭で飲んでしまう」から。もっと自由に、自然にナチュラルワインを楽しんで欲しいという、梁さんの思いが根底にある。

さらに立食とはいえ、もちろん料理にも手を抜かない。「サッカパウ」の田渕さん並びにスタッフが総動員し、イベントに合わせたできたての料理を、その場でふるまう。

そんな手作り感あふれるゆえか、これまで2回行われたイベントは、いずれも予想をはるかに上回る好感触。こんなにもいい自然派ワインを飲み比べられるチャンスは滅多とない!と、とりわけ食やワインに詳しいフーディーたちもノリよく、すこぶるいい笑顔で会を楽しんでいた。むろん、お客様同士の会話にも花が咲いた。梁さんはそこに確かな手応えを感じ、定期開催することを決めたのだ。

そして最後に。梁さんの自然派ワインに対するここだけの、しかし大切なつぶやきを聞こう。

「僕は巷にあふれる自然派ワインの90%はおいしくないと思っています。その多くはバクテリアによって汚染されているという中で、自然派だから『変わっている』ではなく、『面白いけれどおいしい』とならなければならない。ただこの品質鑑定というのは、経験を重ねないと難しい。だから僕はビオワインの未来のためにも、いいワインをいろんな人に伝えていかなきゃいけない、そう思っています」

 

 

Thus, we describe this, in short, “Naturalista.” But actually, that is not enough says Mr. Yang, chief sommelier at restaurant S’ACCAPAU that sponsors this event. So he decided to describe it here in detail.

As the relationship with his suppliers grows stronger, Mr. Yang sometimes has a chance to buy rare wines. A few, maybe three or four, bottles might be provided for each restaurant if he is lucky, but most of the time he obtains just one. Then he wonders with whom he would share the rare wine. If he provided the whole bottle to one group of customers, maybe only four people could taste it. He hoped that more people could taste the special wine made from the wine producer’s hard work in the vineyard.

That is why, with passion and also a purpose of learning, Mr. Yang decided to organize an event highlighting natural wines produced by ten suppliers. It was wonderful that guests could openly taste a lot of different kinds of wine and he really enjoyed it. But at the same time, he felt that all those wines were not selected by simple reasons such as good quality or perfect balance, but also by the suppliers’ own agendas.

He was convinced that he could host a truly amazing natural wine event at his restaurant.

So he set the rules for “Naturalista” as follows.

He prepares the same number of natural wines as the number of guests. If there are 45 participants, then he prepares 45 bottles of wine. Participation fee is 8,000 yen. A sommelier is in charge of selecting wines. Using his expert knowledge he should choose only reliable bottles.

The sommelier should not explain every wine every time he pours. Guests should walk around tasting wine freely instead. The sommelier answers questions when asked. Otherwise they share notes about the wine’s basic information, with some recommendation comments on each bottle. Mr. Yang wants people to experience the taste without any prejudice and just enjoy the selections.

Even if it is a buffet style, the food must also be professional. Chef Tabuchi and his staff at S’ACCAPAU cook and serve fresh and delicious food.

The warm atmosphere attracted many more people than expected for both events. Guests, especially those who were interested in food and wine, felt that no other event could serve such delicious natural wines. They enjoyed the gathering with big smiles. It is no wonder that people got closer and talked to each other. Mr. Yang believes that he can hold this event on a regular basis.

Here, Mr. Yang shares his thoughts.

“I think that 90% of natural wines found at the market are not tasty due to bacteria growth. I want to change the image of natural wines from “strange” to “something special that tastes good.” It requires a level of experience to judge the quality of wines. It is my mission to introduce fine natural wines to many people for the future of this product.”

ick-1773 ick-1770 ick-1762ick-7947 ick-7957 ick-7975 ick-7978 ick-7983 ick-8013 ick-7953
ick-1939 ick-1915

ick-1841 ick-1836 ick-1825 ick-1814

Contact Us

Name
Email
Title
Message