seju_main

SEJU YANG

Voice

若き天才ソムリエの美意識と苦悩。

 Sense of beauty and struggle of a young gifted sommelier

「僕にとって音楽とワインは、入口が一緒だけど出口は別。何かしらのインスピレーションを受けたものの表現方法が、ただ違うというだけなんです」

こうして梁さんと向き合い、少し言葉を交わすだけで堂々とした自信と、感性のほとばしりがひしと伝わってくる。

「たとえば料理に合わせて、6~7種類のワインを出す時にも波があると思っていまして。大音量のヘビメタの時もあれば、静かなピアノの時もある。その緩急の感覚が、音楽と密接に関わっているんです」

大阪で生まれ育った梁さんは、19歳から10年間アメリカに在住。当初の目的は音楽留学だった。

「ボストンで1年間クラシックの勉強をしながら、実はその間もずっと『飲食で働きたい』という思いが頭から離れませんでした。高校1年生から飲食店でバイトしていて、接客というの自分にとって天職のひとつだと思っていたので」

そうだ、飲食であれば世界で最もハイレベルな街がすぐそばにあるじゃないかと、さっそくニューヨークに移住。残りの9年間は、まさに生き馬の目を抜くようなこの街に身を置き、音楽家としての自分、そしてトップレストランでソムリエとしての自分、その二刀流をひたむきに貫いてきた。

「飲食のプロってなんだろうと考えた時に思うのは、知識や経験、技術だけではない、精神的、哲学的な部分をすごく学びましたね」

 

“Music and wine are almost the same thing to me. Each of them gives me inspiration, but I express them differently.”

Speaking with Mr. Yang face to face, even for just a little while, I can see clearly that he has a firm confidence and he is full of sensitivity.

“When I serve six or seven types of wine, selecting which goes well with each dish, good timing is needed. The music can be heavy metal music at a high volume or a calm, quiet piano. I need to be sensitive to combine the music and wine.”

Mr. Yang was born and raised in Osaka. At the age of 19 his ambition led him to move to the US to study music. He lived there for 10 years.

“During my first year in Boston, studying classic music, not a single day went by when I didn’t think about my desire to work in the restaurant business. I discovered my artistic calling for appealing to customers’ tastes when I began working in a restaurant as a 16-year old high school student.”

In a twist of fate, one day he realized that New York City, the world’s best city for the restaurant business, was just a short distance away, so he decided to move there. For nine years he wore two hats as a musician and a sommelier at a top-level restaurant in competitive New York City.

Over the nine years he struggled as a student of food and wine, to learn about the inner workings of the restaurant industry.

“Finally, through experiences and knowledge that I gained, I developed a philosophy about mental toughness and mastered the skill of being an expert sommelier.”

seju_02 たとえばニューヨークでは、ソムリエ同士の情報共有がすさまじい。自分が仕入れた知識をすぐに引き渡すのだという。

「感じ方によってはリスクですが、さらに成長していくために、みんなが自分にプレッシャーをかけている。可能性は無限大にあると信じていて、常に新しい物事が生まれ、それがあっという間にシェアされる。社会的、文化的にもひとりのプロとしての勉強を怠らない。貪欲だと思います」

しかも梁さんは若きアジア人。数多の苦労は想像に難くない。「でも色眼鏡をかけず、いいものはいい、とちゃんと認めてくれる街でもあるんです」

 

In NYC, sommeliers often tend to share their knowledge. Despite their competitive spirit, they have no hesitation to share new information with others.

“It might be a risk, but they pressure themselves to grow more and more with a strong belief in infinite possibility. Something new is found all the time and shared right away. Sommeliers eagerly continue learning as a professional both socially and culturally.”

Mr. Yang is a young Asian. It is not difficult to imagine how hard it was for him to work in NYC.

“It was a struggle, but at the same time New York City is a place that accepts good things without any prejudice.”

seju_01帰国後はミシュラン三つ星の日本料理店や、老舗の中華料理の名店でシェフソムリエとしてVIP対応のサービスに従事、やがて代表の大澤氏と出会い「デリシャス・リンクス」に入社した。日本のソムリエの価値を上げるための教育にまつわる仕事がしたい、そんな夢を携えて。

「ソムリエの資格を持ってから、本物のソムリエになるためにするべきことはたくさんある。しかもそれを能動的に学ぶことの楽しさを教えていきたいんです。と同時に、現場でもちゃんと接客がしたい。ふたつを満たしてくれるのが、この会社でした」

梁さんは現在「サッカパウ」にて、ワインペアリングのセレクトにも携わる。

「この店のカウンターは距離感も近いですし、アーティスティックなことを求めてくるお客さんにも、また本物の仕事がしたいという僕にとっても、最高にかなえてくれる舞台である、そう思っています」

 

After his career abroad, he returned to work at a Michelin 3-star Japanese restaurant and at a famous traditional Chinese restaurant as a sommelier for VIP customers. By chance, he met Mr. Osawa, CEO of Delicious-Links Inc., and he took Mr. Yang under his wing. Mr. Yang started working for the company with a dream of dedicating himself to improving the status of sommeliers in Japan.

“There are many things to learn about being a real sommelier after you become qualified. It is important to be an active learner and I want to help people do this with joy. At the same time, I also want to greet customers. I feel I can make those two dreams come true with this company.”

Mr. Yang is currently at S’ACCAPAU designing wine pairings for customers.

“I can interact with guests beyond this counter. This is a perfect place to satisfy customers with a discerning palate. And for me, it satisfies my high work ethic.”

seju_03

2018年3月31日をもち退職。
現在は独立し自ら事業を開始しつつ、サッカパウの外部パートナーとしても活動中。

Profile

梁世柱 / Seju Yang

サッカパウ/ソムリエ
NYCでの約10年間に渡るソムリエ修行を経て、日本に帰国。都内のミシュランガイド三ッ星料理店、高級中国料理店にてシェフソムリエを歴任した後、S’accapau参画。料理と飲料を8つの要素に分解し、関連する要素を繋ぎ合わせて再構築する「Progressive Pairing」を提唱。伝統と革新をロジカルに追求し、驚きと感動を伴ったペアリングをプロデュースする。


経歴

20歳でNYに移住。様々な店でソムリエとして研鑽を積み、28歳で米国を代表するシェフであるDavid Bouley氏のプロジェクトに抜擢。新店Brushstrokeにて総合飲料ディレクターを務める。
同年、starchefs.comよりRising Star NYC Sommelier Award受賞。
翌年、ZagatよりZagat 30 under 30 NYC Sommelier Award受賞。
日本出身のソムリエとして、世界最大のソムリエ激戦区であるNYCでの受賞は過去に例の無い快挙となった。
2017年、オーストラリアにて開催されたSomms of the Worldに、World’s 50 Best Sommeliersの一員として招聘。
世界中のソムリエ、シェフ達と親交を持ち、真にインターナショナルなソムリエとしての在り方を東京から発信していく

Contact Us

Name
Email
Title
Message

この内容でよろしければチェックを入れてください