4P6A1802

RYO SUZUKI

Voice

“いい加減”のソムリエ

A Skilled Sommelier

ソムリエという言葉には、どうしても“シュッとした”イメージがつきまとう。しかし六本木「POUND-YA」で働く鈴木さんの場合、ちょっとばかり毛色が違う。

Mr. Suzuki is a sommelier working at POUND-YA in Roppongi. He is a bit different from the general image of a sommelier as a sophisticated gentleman.

4P6A1707

「調理師学校を卒業してから、東京にあるフレンチレストランに入って。最初はキッチンで、そこからホールをちょっとやったんすけど、こっちのほうが楽しいなぁと。いや、別に接客が得意とかじゃないですけど」

とか、

「そのあと大阪に行って、5年間ホールやりました。そこは高級帯とカジュアル帯の両方あるお店だったんで、どっちもやって。違いですか?んー、やっぱり高級なのは、緊張しちゃいますよね。ざっくばらんなほうが、全然ラクです」

とかとか(笑)。ラフ~な話しぶりに、聞いているほうの緊張も次第に抜けていく。「ああ、この人は自分の言葉で話してるなぁ」というのが伝わってくる。一見チャラく見えてしまいがちだけれど、この空気を纏ったまま、サービスマンとしては安定感のある、懇切丁寧な接客をする。そのいいさじ加減を出せる人は、意外といそうでいない。

 

“After I graduated from culinary school, I started working in the kitchen at a French restaurant in Tokyo. Later, I worked as a waiter for a little while. I preferred being a waiter. I am not good at communicating with others, though.”

“Then, I went to Osaka and worked as a waiter at a restaurant there for five years. That restaurant had two types of dining areas, formal and casual. I handled both areas. Do you want to know the difference? I got nervous in the formal area. The casual one was much easier for me.”

Mr. Suzuki’s frankness eases people’s tension. He seems to speak honestly. He might look like a flirt, but he is capable of fulfilling customers’ needs with detailed care. Such a kind of skilled waiter is hard to find.

 

4P6A1741

「前のお店ではしっかりワインをやっていて、ソムリエの免許もとってて当たり前、くらいの感じだったんで、その間に勉強をしました。結局、試験は座学なんで暗記なんですけど、飲んで味覚えるってのもありますしね。まぁ、全然楽しかったです」

以前の店のシェフソムリエ、もと「POUND-YA」のシェフソムリエだった梁さんをはじめ、ワインの流行りや、楽しい情報を教えてくれる人たちもまわりにいる。しかしそれを、お客さんにひけらかすようなことは決してしない。

「もちろんレストランであれば、時期や料理の相性もあるんすけど、ここは肉食堂なので、ざっくり伝えるくらいで。ただ、ワインに苦手意識がある人にも好きになって欲しいので、同じ系統でもいくつか幅を持たせて用意したりはしてますね」

 

”I learned a lot about wine at my former restaurant. It was natural there to acquire a sommelier’s license. It was fun to study, memorize new words and taste different kinds of wine as I prepared for the exam.”

Mr. Suzuki has a good connection with Mr. Yang, who was chief sommelier at POUND-YA, and with other friends who are teaching him wine trends and fun information. However, Mr. Suzuki will never boast to the customers.

“Of course, this is a restaurant, so I am thinking I should match wine and food or season. But we mainly offer meat dishes, therefore I do not need to go into detail when I explain about each pairing. On the other hand, I prepare a wide range of wines so that even customers who hesitate to drink can choose something they might like.”

 

4P6A1840

ただ、ここは六本木。より多くのこと、深いことを求めてくる人もいないのだろうか。「そういう時は戦います(笑)。スノッブな世界に入っても、話に混じれるくらいの知識はちゃんと付けておこうと思ってます」

ちゃんとベースとしての知識は「持って」はいるけれど、それをカジュアルに落とし込んで提案する。そうしたスタイルが、鈴木さんにとってはどうやらしっくりくるようだ。

「自分の強みになるとやっぱりワインなんで。これからはそれを、いろんな違う店舗でも生かしていきたいですね」

 

But, this is Roppongi. There must be someone who requires more specific information about wine. “If it happens, I am ready with my wits about me,” he laughs. “I will try to be smart enough to interact with snobbish people.”

Based on his extensive knowledge, Mr. Suzuki can provide casual service. That is his style.

“Wine is my advantage. I want to utilize my skills in many different restaurants from now on.”

 

4P6A1816

Profile

鈴木 涼 / RYO SUZUKI

听屋六本木/ソムリエ
POUND-YA in Roppongi / Sommelier

Contact Us

Name
Email
Title
Message

この内容でよろしければチェックを入れてください