4P6A1881

RIO KASAHARA

Voice

成長した彼女の「その先」。

The Next Step of a Mature Lady

 

「店では個人のキャラを出させてもらってますね」

そう言いながら、ハハハとほがらかに笑う笠原さん。

 

“I can just be myself in this restaurant,”

says Ms. Kasahara laughing out loud.

4P6A1903

「最初はもっとスマートにしなきゃいけないと思ってたんです。でもそうすると動きも遅くなるし、忙しいとできないこともあって。ただお客さんともハハッと笑って、場もくずれますし、いいこともあるなぁと」

実家は酒屋。いつかそこで、小さな飲み屋をやりたい!という夢がある。「そのための修行」と言ってはばからない。料理、接客、店舗の数字……1軒のお店を営むためのあれこれを、もっか全力勉強中だ。

「毎日やることが違いますし、あれもこれも経験したことがないことばかり。知らないことが多すぎて、飽きがこない(笑)。あと、やっぱりいろんなことができる分おたがいの気持ちが分かるので、みんなが察して『これをやってあげよう』とか思いやれるのが、すごい気持ちいいですね」

 

“In the beginning, I was trying to behave more professionally, but then my movements became slow and I sometimes didn’t have time to be quick on my toes. Customers are kind enough to laugh it away and that brightens up the atmosphere in such a case. It is not all bad.”

Her parents own a liquor store. She wishes to open a small bar there in the future. “Now is the training period for my dream,” she says without hesitation. Cooking, customer interaction, sales and other numbers related to restaurant management… she is learning everything that will be needed to own a bar.

“Every day is a new day. There are a lot of things that I do not know, so I will never be bored. In addition, everyone here works cooperatively with each other to get things done, willingly giving help and support with one another. That is awesome.”

4P6A1941

さらにアルバイトから社員になったことで、業務もさらに増えた。

「パソコンとか得意じゃなくて、人件費とか作業効率とかまだまだ読解できてない数字も多いんですけど、一方で『あの時口を酸っぱくして言われていたことって、こういう意味だったのか!』と、やってきたことと結びついて、自分の中でも考えられる材料になるので、いいですね。現場にもフィードバックできますし」

くじけそうにならない?と聞いても、首を横にふる。「いや、めちゃくちゃ楽しいです。できないことも『このヤロー。やってやるーっ』って思いながら、毎日やってます(笑)」。

 

Also, she was assigned additional tasks after she became a full-time worker.

“I am not good at using a computer. I do not understand a lot about labor costs or working efficiency. But as I keep working on it, I learn what they mean and find out why I was trained to do the same thing over and over. I can learn from my experience and then share the information with other staff.”

She must be thinking about giving up sometimes. But she disagrees. “It is so much fun. When I am faced with something I cannot handle, I think, ‘Damn it! I will do it!’ and try hard every day,” she laughs.

4P6A1991

そんな前前前のめりな姿勢が、自身が成長するためのカンフルになっていることは間違いない。実際「最近、自分が成長してる感じが目に見えて分かる」という。

「最初はキッチンにいると『顔上げるひまなんてない!』って思ってたんですよ。でもだんだん上げられるようになってくると、状況が把握できてくる。スタッフの動きが見えていろんなポジションの気持ちも分かりますし、またお客さんが何か言いたそうにしているのも分かる。もっと人を感じられますし、楽しいし、気持ちいい。幸せでしょうがない!って思えます」

 

Such a very, very, very positive attitude surely helps her to grow. She says that recently she has seen the results of her self-improvement.

”In the beginning I thought, I don’t even have time to raise my head in the kitchen, but gradually I could look up and see the customers and situations. I could also see the staff positions and their feelings. Now I feel everyone is much closer and that is fun and pleasant. I am so happy!”

4P6A1998

ただそんなポジティブな性格の一方で「こう見えてめちゃ暗いっす」という笠原さん。オフの時は一転、ひとりでこもって手芸をしたり、映画を見たりと「超孤独な時間も大好き」という。

「ほんと両極端なんですけど、私の中ではそれが大事。メリハリ。どっちかだけだと、ハリがなくなってきますから」

と、ちょっと真顔でそう言った。

 

Despite such positive thinking, Ms. Kasahara says, “I am actually very gloomy.” When she is off duty she is absorbed in handicrafts or watching movies. “I love to be alone as well.”

“I have both extremes, but it is important to vary the pace of my life,”

she says seriously.

4P6A1973

Profile

笠原 理央 / RIO KASAHARA

听屋/社員
POUND-YA / Chef

Contact Us

Name
Email
Title
Message

この内容でよろしければチェックを入れてください