main_kitagawa

HIRONAO KITAGAWA

Voice

伸びざかりの男が得た最強の刺激

まだ21歳!の北川さんが「サッカパウ」で厨房スタッフの職を得て、目下飲食の道を夢中でひた走る。その人生を左右した大きな出会いは高校1年生、地元奈良の寿司屋でアルバイトを始めてからだ。そこで働く板前さんの“人を喜ばせる”仕事ぶりをはたで見るうち、自分もこういう仕事がしたい。飲食の世界をめざしたい、そう次第に思うようになった。

kitagawa_04

「それを板前さんに言うと、まず『やめとけ』って言われました。それでもやりたいって言うなら、俺も俺で厳しくするよ、と。そこからビシバシきましたね」。下向いて作業している時でも、すぐに顔を上げられるようにしておけ。お客さんがドアを出るまで目を離すな。そんな、常にまわりを意識しながらの仕事を、現場で働くなかで徹底的に仕込まれた。

そうするうち常連のお客さんに「今日はあのバイトの子おらへんのか?」や「いつものあれ握って」と言われるようになった。そんな何気ないひと言が、北川さんをMAXうれしい気持ちにさせた。「やっぱりお客さんが認めてくれること、距離感の近さがやりがいにつながりますね」

kitagawa_02

その後、調理師専門学校に入学。勉強は得意だったので学科もよく理解できたし、高校生の時から包丁を握っている時間が長かったので、実習も難なくこなせた。しかしいざ卒業してレストランの現場に入ると、その“余裕な感じ”は打ち砕かれた。限られた時間のなかで、大量の素材を素早く切るなど、厳しい状況も多かったが、同時に日々成長している自分も感じていた。やがて自分には現場のほうが合っている、そう思うようになった。

東京にはずっと行きたかったが、時間もお金もない。それがようやく整った1年後。インターネットで偶然見つけた「サッカパウ」の求人の門を叩いた。

kitagawa_03

「すぐにレベルの高さを感じました。料理ひとつにしても、いろんな作り方がある。固定概念がひっくりかえることばかりで、今まで見たことがない料理を自分が作っているうれしさ。イタリアに行ってた方が多くて、本場の料理を知っているので、海外ではこうなってるよ、とか教えてもらえるのも面白いですし、お客さんから生き方について、友達からは絶対聞けないような話を聞くのも楽しい。とにかく今はそういうの聞きたい、いろいろ吸収したいんです」

スポンジのようなてきめんの吸収力、人生の可能性に満ちあた伸びざかりの時期に「サッカパウ」で働けることが、彼にとって最強の刺激になっているようだ。

kitagawa_01

「今は新しい知識を増やしながら、自分の得意な分野を生かして、お店に役立ちたいと思ってます」

Profile

北川 拓直 / HIRONAO KITAGAWA

サッカパウ・社員

Contact Us

Name
Email
Title
Message